SABAL|ファミリーライフサイエンス

 
 
 
 「SABAL(サバル)」は、日本ではノコギリヤシと呼ばれています。ノコギリヤシという言われ方は日本だけの俗名で、「セレノア・レペンス」が正式な学名です。サバルは椰子科に属していて、やしの仲間ではもっとも小さな種類になります。
 主にアメリカ東南部に自生しています。よく見る椰子の木ほど高くなくて、低木で、平均1〜2メートル程度にしか成長しません。葉の形状がのこぎりに似てることから、日本ではノコギリヤシと呼ばれていますが、世界では「ソーパルメット」とか「サバル」と呼ばれ、使われています。最初にサバルを見つけたのはインディアンだと言われています。インディアンが果実を砕いて食用にしたり、種子を強壮の目的で愛用してきたと伝えられています。
 
  科名・属名 ・ヤシ科セレノア属
  学 名 ・Serenoa repens(セレノア・レペンス)
  和 名 ・鋸椰子(ノコギリヤシ)
  生薬名 ・棕櫚子(シュロシ)
  ハーブ名 ・ソウパルメット(SAWPALMETTO)
・サバル(SABAL)
  採取・製法 ・果実を採取後、種子を取り出して圧縮抽出
  原産地 ・北米(現在はアメリカ南東部のテキサス、サウスカロライナ、メキシコに自生)
  香 り ・油の発酵したような匂い
  味 覚 ・少し甘味がある
 
 
ノコギリヤシは、とてもカラフルな実をつけます。その色とりどりの実の綺麗さはインディアンの目に留まったのでしょう。
 
   
 サバルは、アメリカでインディアンが、薬の代用として使っていたことで有名になりました。
 その種子はとても固く、インディアンは斧なので種子を割って食していたのでしょう。
 インディアンがサバルを使うようになったきっかけは精力増強のためだったと言われています。そして、18世紀の初めには肉体滋養の強壮剤として世界中に広がり、使われ始めました。
 そして、1960年代にはサバルの研究が進み、植物性ステロールの一種である「βーシトステロール」が発見されました。その後、この有効成分の効果からフランスなどで前立腺肥大の治療薬として医薬品認可がおりています。
 現在、ヨーロッパ各国では、民間の間でも、サバルは食品として強壮や利尿の目的で使われていて、「植物性カテーテル」と呼ばれて医薬品認可がされています。
   
 フランス  イタリア ノルウェー
 ドイツ  ベルギー スウェーデン
 
 
 「英国臨床薬理ジャーナル」では、110名の前立腺肥大の患者に対しての実績データを発表しています。1日にノコギリヤシエキスを300mg以上摂取した患者は、対象薬の前立腺肥大の治療薬よりも下記のような優れた効果が認められたとの報告があります

・対象薬を使った人よりも10倍、尿の流れが改善された
・膀胱内の尿を失くす実験では、対象薬に比べ5倍もの改善がみられた
・頻尿による睡眠困難の改善がみられた
・排尿時の不快感がなくなり、勢いがよくなった
 
 1999年度版「薬品と栄養学」という医学書にも、ノコギリヤシは掲載されてます。それ以降、2004年までに5冊の医学書に研究の成果がのっています
。また、WHOで研究成果が取り上げられているのは次の3点です
・ホルモンバランスの調整
・腎臓機能の活性および強化
・薬害の副作用の軽減
 

SABAL

SABAL
 
 「SABAL LICAPS®」は、その名の通り、サバル(のこぎりやし)を主原料に作っています。サバル種子を超臨海抽出法で抽出したエキスを使っています。この抽出法なら参加しにくい原料が採れます。元来、サバル種子に含まれる成分は、とてもデリケートなので普通の絞り方だと酸化しやすいのです。超臨海抽出法で抽出できるのはオレイン酸やリノレン酸などの脂肪酸、そして、オクタコサノールなどの脂肪アルコール、最後のβーシトステロールの植物ステロールです。
 この商品は、サバル種子エキス以外の副原料は「ビタミンE」しか配合していません。ビタミンEは安定剤的な役割で使っています。
<<株式会社ファミリーライフサイエンス>> 〒918-8237 福井県福井市和田東1丁目2325 TEL:0776-89-1184 FAX:0776-89-1991